国内旅行 > ホテル・宿 > 厳選 老舗の宿特集 > 老舗の宿一覧 > 老舗の宿詳細

ホテル・宿

湯滝の宿 西屋【山形・白布温泉】

厳選老舗の宿特集トップへ

西屋の写真夕闇せまる西屋全景。藁葺きの母屋が歴史を感じさせます。

700年間変わらないのは、
温泉とお客さまをもてなす真心

福島県との県境に位置し、標高850mにある白布温泉は、1312年、地元の領主が発見したと伝えられており、2011年、開湯700年を迎えました。3つの源泉を合わせて、毎分1800リットルが自噴する豊かな湯量を誇り、泉質は硫酸塩温泉、弱アルカリ性で神経痛・婦人病・関節痛などに効能があるといわれています。

白布温泉開湯とともに宿を営み始めた西屋も創業700年を迎えましたが、その歴史を感じさせるエピソードとして、上杉景勝が米沢を治め始めた1601年、重臣、直江兼続が、大坂堺から鉄砲鍛冶を呼び寄せて、白布温泉で密かに火縄銃を製造させた際に、鍛冶職人たちの宿泊所になったという記録が残っています。

築200年の茅葺き屋根の母屋、築100年の客室からなり、2011年には「米沢市景観重要建造物第1号」の指定を受けました。お風呂は内湯のみですが、木組みの天井、黒々とした御影石の浴槽、そして3本の湯滝が轟々と流れ、独特の趣きと風格が感じられます。季節の旬の味、米沢牛など、食の多様さは米沢の特徴です。特に米沢牛のすき焼きはお客さまに喜ばれています。

西屋が守り続けているものは温泉だけではありません。それは訪れる人をもてなす真心です。さり気なく、毎日確かな心配りを忘れないでお客さまをお迎えしています。700年前から変わらない温泉とおもてなしを満喫しに、出かけてみませんか。

宿泊プランを見る
宿泊プランを見る

このページのトップへこのページのトップへ

湯滝の宿 西屋ホテルの基本情報

客室数 18室
所在地 山形県米沢市関1527
交通 【電車で】
山形新幹線米沢駅下車。白布天元台行バス利用で約45分・タクシーで約30分
【お車で】
東北自動車道 福島飯坂ICより国道13号線米沢経由で約60分
TEL 0238-55-2480
ホームページ http://www.nishiya-shirabu.jp/

湯滝の宿 西屋周辺の観光

このページのトップへこのページのトップへ